競馬 ターゲット エクセル 7, たくっ ち マイクラ 銃 12, ナルト ボルト 夢小説 4, バチェラー もりもり 嫌い 11, コージーコーナー エクレア 糖質 4, テレワーク 手当 課税 6, Android リモートデスクトップ キーボード 19, ダイヤモンドプリンセス コロナ ブログ 9, 弓道 離れ 脱力 9, 終末 渾身 奥義 5, Grand Blue Raw 60 10, Vtuber 嫌い なんj 34, ロコン 色違い 確率 4, 持続化給付金 仕訳 弥生 46, ミスシャーロック 百合 小説 7, 五等分の花嫁 118 感想 8, あれ が来る 映画 12, 松岡昌宏 住所 目黒 区 10, クラシックギター 楽譜 無料 30, Planner 割り当て 複数 23, 1996年生まれ 中学 流行った 歌 11, シンブル 使い方 ワイヤー 6, サーバー アイコン パワポ 26, 高嶺のハナさん ネタバレ 52 22, マイクラ スキン シャニマス 6, 五等分の花嫁 118 感想 8, ホンダ ランサムウェア Nhk 4, 胴 くくり罠 作り方 39, Als サッカー 社長 7, 二重生活 ロケ地 カフェ 4, 仮面ライダー ジオウ 15話 5, カリンバ 楽譜 おすすめ 9, ">
        找回密码

移動都市 モータルエンジン 考察 4

Check him out he’s bound to be on the Instagram. 「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンの映画になりますので、大ヒットの期待がかかりますが、, 現時点では、若干、注目度が低い状況です。 指輪物語シリーズのスタッフが贈るこの映画はハリーポッターシリーズや指輪物語シリーズを観たときと同じ興奮がありました。公開されたら字幕でまた観たいし個人的に好きな洋画5本に入るレベルの作品でした。 役を演じるのが、 ヘラ・ヒルマー 。 (尚、監督はピーター・ジャクソンの元で仕事をしてきたクリスチャン・リバース。「キング・コング」でのアカデミー視覚効果賞を獲得しています) 【ネタバレ注意】冒頭10分は歴史に残る面白さ。映画『移動都市モータル・エンジン』レビュー, Androidスマホのホーム画面と使い勝手を一新! 『移動都市モータルエンジン』にミニオン登場!?何役でどこで出てきたのかまとめ, ヘスターたちはこの進撃を察知し、先駆けて攻撃をしかけますがメドゥーサの襲撃を受けてシャングオは一瞬で火の海へと化しました。, 街が炎に包まれる中、ヘスターは母の形見である瞳の形をしたペンダントの中にメドゥーサを破壊できる唯一の装置「クラッシュ・ドライブ」を発見。, アナがヴァレンタインと戦闘し、足止めをしている間にヘスターはメドゥーサにクラッシュ・ドライブを接続、楯の壁を破壊する間一髪のところでメドゥーサ破壊に成功します。, アナはヴァレンタインとの戦いで殺されますが、逃げようとして飛行船へ乗り込んだヴァレンタインをヘスターが迎え撃ち、トムの力を借りて撃墜。, 飛行船が墜落後生きていたヴァレンタインでしたが、自らが作り上げようとしていた移動都市「ロンドン」に轢き殺されて死亡します。, 残されたロンドン市民は、征服しようとしていたシャングオの人々に暖かく迎え入れられ、感謝するのでした。, 『スポンサーリンク』 とにかく大型スクリーンで、迫力ある映像を楽しみたい方には、かなり面白い満足できる映画になっているようですね。, グリーンブックは面白い?つまらない?評価や評判は?原作やキャストも吹き替えはについても, 「グリーンブックは面白い?つまらない?評価や評判は?原作やキャストも吹き替えはについても」, 当ブログは、映画、ドラマ、テレビ番組、芸能ニュース、話題の人、CMについての記事をご紹介しています。. サディアス・ヴァレンタイン:演 ヒューゴ・ウィーヴィング(大塚芳忠) 初代iPhone SEからiPhone 12 miniに変えたらいいことづくめでした! ここでは、移動都市(モータルエンジン)の原作について、, 2003年には第2作『掠奪都市の黄金』 2005年には、第3作『氷上都市の秘宝』、2006年には、第4作『廃墟都市の復活』が刊行されています。 60分戦争から数百年後、人類は移動都市で生活し、小さな都市は資源や人員が吸収されます。ヘスターは巨大移動都市ロンドンの指導者サディアスへの復讐に失敗し、因縁の人造人間にも襲われるが...。母の死の真相とは?盾の壁を守れる?(ネタバレあらすじ↓), この先はネタバレありのあらすじです。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。, 2118年頃の「60年戦争」で量子エネルギー兵器「メドューサ」により文明社会は終わり、人類は「移動都市モータルエンジン」で暮らしています。巨大移動都市ロンドンは、小さな鉱山移動都市を捕食して、資源や労働力を確保し上層は更に豊かになります。, 喰われた都市から入った、赤いマスクの女性ヘスター・ショウ(ヘラ・ヒルマー)は、移動都市ロンドンの指導者サディアス・ヴァレンタイン(ヒューゴ・ウィーヴィング)を襲うが、トム・ナッツワーシー(ロバート・シーハン)に阻止され逃走します。, ヘスターはトムに追われるが排出口に飛び降ります。ヘスターの「母パンドラのかたき」を聞いたトムも、サディアスに落とされます。トムとヘスターは小移動都市に救われます。ヘスターは考古学者の母パンドラとサディアスは共同研究者だったと話します。, しかし古代技術(オールドテク)を掘り当てたパンドラは、サディアスに奪われ殺害され、ヘスターも顔に大傷を負わせられるが逃走しました。トムとヘスターは奴隷市場に売られるが、パンドラの旧友のアナ・ファン(ジヘ)が逃亡を助けます。, サディアスが仕向けた人造人間シュライク(スティーヴン・ラング)も現れるが、空賊アナの飛行船で逃げ切ります。ヘスターはシュライクに育てられ人造人間になる約束をしたそうです。一行は反移動都市同盟の飛行都市エアヘブンに到着します。, サディアスが奪ったのは量子兵器メデューサだと判明します。シュライクが再び来襲するが、思い出やトムへのヘスターの愛情を感じ、致命傷を受けたシュライクはパンドラのペンダントを返して停止します。USAと刻印されたクラッシュドライブ入りです。, 移動都市ロンドンのサディアスはメデューサで、反移動都市同盟の盾の壁に守られた街シャングオを攻撃します。同盟の飛行船の犠牲のもと、アナは飛行船でヘスターをロンドンに送り込み、サディアスと戦います。ヘスターは大聖堂でメデューサを止めようとするが…, この先はネタバレありの感想考察です。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。, 原作はイギリスの小説家フィリップ・リーヴが、2001年に出版した小説『移動都市』です。ロードオブザリングとホビットのシリーズ(一覧)の監督ピーター・ジャクソンは、この小説を映画化するため自分はプロデューサーと脚本を担当しました。, クリスチャン・リバースが監督し、彼の長編映画デビュー作となります。キャストは、主人公の男女がロバート・シーハン、ヘラ・ヒルマーですが知名度低いですね。スティーヴン・ラング、ヒューゴ・ウィーヴィングは生かしきれていません。ジヘは強い!, 最大のみどころは冒頭での、巨大移動都市ロンドンによる小都市の捕食シーンです。ほぼ怪獣映画です(笑)。このシーンを見るだけでも劇場へ行く価値はありますが、個人的にはここが映像面ではピークでした。, ストーカーと呼ばれる人造人間シュライクとの戦闘や、ラストのロンドンと盾の壁や飛行船との攻防も楽しいけど、どこかで見たような展開が続きほぼ予想どおりなので、映像の迫力以上にはわくわくできません。, 古代の量子エネルギー兵器メデューサの一撃は、スターウォーズシリーズのデススター並みを期待したのに、盾の壁に穴を空ける程度で『最後のジェダイ』ラストのキャノン砲の弱さとおなじくらいがっかりでした。, メデューサは文明社会を破壊した兵器なので、スタジオジブリ関連の『風の谷のナウシカ』の巨神兵を連想できるし、移動都市は『ハウルの動く城』、空中都市エアヘブンは『天空の城ラピュタ』も連想させます。原作者はジブリ好きかもしれません。, あと見どころというか『ミニオンズ』が登場します。古代の神々という設定です。現在わたし達がうやまってる神々の中にも、昔のフィクションキャラが混じってるかもしれませんよ。, メインキャラクターは母パンドラを殺害された赤マスクのヘスターと、その復讐相手である巨大都市ロンドンの指導者ヴァレンタインです。本作はこの2人に焦点をしぼるべきなのに、あまり関係のないキャラ達のシーンに移ったりして本筋が薄くなってます。, ヘスターは孤独な復讐者のはずだったのですが取ってつけたように、育ての親が襲ってきたり、反移動都市同盟が協力してきたりします。反移動都市同盟は母パンドラとつながりがあり、その娘ヘスターを探してたそうだけど何年かかってるのでしょうか。, 育ての親であり最後のストーカー(人造人間)でもあるシュライクと、ヘスターのエピソードにはほっこりしますが、それほど強くない上に、最後は「愛」ゆえに?停止してしまうので物足りなさだけが残り、不要のキャラクターだと感じます。, ヘスターを人造人間にするのをあきらめた後、ヘスターの悩みの種であるヴァレンタインを倒しに行く展開になったならもう少し納得できたのですが。ヴァレンタインの言いなりになるのなら、育ての親でなく殺し屋の設定の方が良かったと思います。, シュライク以上に全く不要なのは、サディアスの娘キャサリンと、サディアスの悪事を見たベヴィス・ポッドです。ヘスターと行動を共にしたトムもキャラが薄く不要キャラですが、ヘスターやアナ・ファンを引き立たせる足手まといとしては好演してます。. シュライク:演 スティーヴン・ラング(大塚明夫) モータルエンジンの公開年に近い作品だと「ジオストーム」への出演が有名。 そんなロバートが演じたトムは、移動都市ロンドンで生まれ育った外の世界を知らない歴史家見習いの青年。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ 移動都市(モータルエンジン)のキャストは? 移動都市(モータルエンジン)のキャストはどうなっているでしょう。 主演は2人ですが、どちらも日本では馴染みのない役者さんといえるでしょうか。 ヘスター・ショウ. 車輪の上に作られた都市と戦争の話、というとジブリの『ハウルの動く城』を彷彿させますが、『移動都市/モータル・エンジン』はもう少し、いやかなりスケールが大きな話なんです。, 『モータル・エンジン』は、たった60分で文明を破壊した「60分戦争」後の荒廃した世界が舞台。生き残った人たちは、巨大な車輪の上に都市を作り、小さな都市を捕食しながら資源補給しながら生活しています。しかし小さな都市を取り込むことでのエネルギー資源に限りが見えてきたため、最も大きく権力を持つ移動都市「ロンドン」は、地に足ついた生活を求める人たちの静止都市「シャングオ」の攻撃を目論みます。「ロンドン」の暴挙を止めるべく立ち上がるのは、個人的な事情から「ロンドン」の指導者サディアス・ヴァレンタインへの復讐に燃えるヘスター・ショウとアナ・ファン率いる反移動都市同盟軍。時速160キロで大地を駆け抜ける地上の絶対王者「ロンドン」を止めることはできるのか──、というのが大まかなプロットです。, 製作はホラー復帰が望まれるピーター・ジャクソン(『ブレインデッド』『ロード・オブ・ザ・リング』『キングコング』)、監督は17歳で映画界入りし、ずっとピーター・ジャクソン映画に携わってきたクリスチャン・リヴァーズ。, というわけで、今春最も注目される映画の1本『移動都市/モータル・エンジン』をレビューしたいと思います。あ、少しだけ内容に触れているのでネタバレ注意です。, 映画は最初の10分で決まると言っても過言ではないでしょう。その10分で、世界観と出来事、キャラクター設定など、観客に知っておいてほしい前知識をすべて集約説明した上で、引き込まないといけないのですから。, 『モータル・エンジン』の冒頭10分は、巨大な移動都市「ロンドン」が小さな都市を丸呑みしようと襲い掛かるところから始まります。荒野の絶対王者たる風格の移動都市「ロンドン」から必死に逃れようとする小都市のシーンを大画面で迫力ある映像に見せるために、ロングショットやクローズアップといったショットに合わせて、CGで作った移動都市を走らせるスピードを変える必要があったそうです。, 都市の移動スピードの限界点を超える速さを出すこともあり、VFXチームが計算してホコリや揺れを加えると画面が砂埃で真っ白になってしまうこともあったそうです。私は小さな試写室で本作を鑑賞しましたが、この冒頭10分を4DXで見たくてたまりませんでした。もしかしたら椅子の振動でお尻が浮いてしまうかも…?, シューシューと吹き出す蒸気と煙、ガシャンガシャンと音を立てて動く建物はスチームパンク好きを身悶えさせるほど格好いい描写のオンパレード。そこからのタイトルカットは、震えるほど格好良く、これから始まるスペクタクルを約束してくれていました。それにしても、こんなレジェンド級のオープニングを長編監督初挑戦で作れるものなのでしょうか…?, クリスチャン・リヴァーズは、17歳の時にピーター・ジャクソンに宛ててドラゴンのイラストを同封した手紙を送りました。その絵と仕事に意欲的な姿勢を気に入ったピーター・ジャクソンが、自身の初長編映画『バッド・テイスト』(87年)でリーヴァズをストーリーボードアーティストとして雇用。以来、『ブレイン・デッド』(92年)をはじめ、ジャクソンの全ての作品で右腕として活躍、共にキャリアを伸ばしてきたのです。, 長編監督デビュー作となった本作は、リヴァーズの家族とも言えるジャクソンチームが周りを固めています。製作/脚本はピーター・ジャクソンですし、名を連ねるのはジャクソンチームのメンバーばかり。VFXはジャクソンチームのホームグラウンドであるニュージーランドのWETAが担当。リバース監督はWETAに在籍していたこともあるので、勝手知ったる仲なのです。Art of VFXが行なったWETAのインタビューでは、監督とWETAのチームはツーカーなので、監督はVFX以外のことに重きを置いて行動することができていたと話しています。, ビジュアルは圧巻、作り手のチームワークも完璧。でも、残念ながら観客は少し肩透かしを食らうかもしれません。というのも、本作はイギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説『移動都市』4部作の第1巻をベースに2時間9分の映像にしているんですね。まぁ、長編小説の映画化にありがちなことではあるのですが、どうしても説明不足で深みのなさが目立ってしまうんです。, 脚本を担当したのはピーター・ジャクソンと、ジャクソンの内縁の妻であるフラン・ウォルシュ、そして『LOTR』からジャクソン作品に欠かさず参加しているフィリッパ・ボウエンの3人。『指輪物語』を3部作構成の『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ(と『ホビット』)にして大成功を収めた人たちですし、彼らにとって長編作品をまとめて映画の脚本に落とし込むのはお手の物だと思うのですが、今回はそれがうまく行っていないのです。, 原作に見所がありすぎる上に、脚本家が原作に心底惚れ込んでいる証し(船頭多くして船山に上るとも言えるかも…)ともとれるのですが、なんていうかとっちらかっている印象を受けます(『キングコング:髑髏島の巨神』並みに色々ある)。, とくに主人公ヘスター・ショウを取り巻く「あんなこと」「こんなこと」、「彼女の人格形成を担う重要な人物」の掘り下げ方がびっくりするほど浅い。重要な人物のシーケンスなんて、思い切ってバッサリ切ってしまえばよかったのにと思ったほど。, それと、肩透かしを食らう大きな要素のひとつに、製作者と原作を知らない観客の間に大きな期待の溝があります。私を含め、おそらく多くの人が、『モータル・エンジン』を移動都市の弱肉強食バトルだと思ったでしょう。しかし、雑誌『映画秘宝』4月号のインタビューでもハッキリと言っていますが、ジャクソンは主人公ヘスター・ショウに焦点を当てたかったのであって、移動都市自体は付加価値程度にしか捉えていなかったのです。実際オープニングシーケンスが終わると「ロンドン」は主人公らを放り投げて走り去ってしまうのですから。, しかし悲観することはありません。移動都市「ロンドン」がヘスター・ショウと観客を置きざりにしても、途中からストーリーを爆盛りしてくれる救世主がやってきます。それが、反移動都市同盟の中心人物で首に賞金がかかっているアナ・ファン役の韓国人女優・シンガーのジヘ。, 窮地に追い込まれた主人公ふたりを助けてから行動を共にするようになるのですが、登場した瞬間から空気が変わるほどの存在感を発揮し、目が離せなくなってしまうのです。赤いコートに細身パンツ、ロカビリーヘアーがとにかく格好いい! しかも、やることなすことキザで、嫌味なほどキマってる。まるで少女漫画に出てくるイケメンヒーローみたいに完璧なんです。, そんなアナ・ファンの愛機は、奴隷時代に自作したという真っ赤な「ジェニー・ハニヴァー号」。飛行船にヘリコプターをつけたようなデザインをした乗り物で、アナの住居でもあります。このジェニー・ハニヴァーの撮影は、飛行船の動きを出すために特殊効果スタッフが糸をつけて引っ張って動かしたのだそうです。, ジェニー・ハニヴァーが動くシーンを貼っておきます。ネタバレが嫌いな人は飛ばしてください(ああ、アナ・ファン格好いい‼️), そして、アナログ手法と対照的に最新テクを使って作られたのが、空中都市の「エアヘイヴン」。この巨大なセットは、狭い通路や橋、ロープといった細かいもので構成されている上に、至るところに提灯や照明がついた複雑な形状をしています。, そのため、デザインにはホロレンズ・ホログラフィックと呼ばれる最先端のMRプログラムが使われているのだとか。アーティストたちはヘッドセットをつけるだけでフルスケールのデザインやセットを体験できます。実際にセットをみることができるので、最終デザインが決定する前に微調整したり変更したりすることができたのだそうです。, レビュー記事を書くたびに毎回同じことを言っているような気がしますが、私は本作の劇場鑑賞を力一杯オススメします。小難しいことを考えることなくポップコーンをほうばりながら鑑賞できる映画が好きだから、というのもありますが、やはりあのレジェンダリーな冒頭10分の興奮を是非体験してもらいたいからです。, 「ロンドン」を降りた後、地面に残された巨大な轍や空中都市での擦った揉んだ、固定都市征服を目論んで攻撃をしかける「ロンドン」との戦いーー、どれをとってもビジュアルは抜群です。スチームパンクジャンルはもちろん、『グレート・ウォール』や『トランスフォーマー』のような、馬鹿馬鹿しいけれどなんとなく勢いだけはあって全体的に格好いい映画が好きな人なら十分楽しめると思いますよ。オープニングシーケンスをとことん楽しみたいなら、是非劇場でご覧ください。. 競馬 ターゲット エクセル 7, たくっ ち マイクラ 銃 12, ナルト ボルト 夢小説 4, バチェラー もりもり 嫌い 11, コージーコーナー エクレア 糖質 4, テレワーク 手当 課税 6, Android リモートデスクトップ キーボード 19, ダイヤモンドプリンセス コロナ ブログ 9, 弓道 離れ 脱力 9, 終末 渾身 奥義 5, Grand Blue Raw 60 10, Vtuber 嫌い なんj 34, ロコン 色違い 確率 4, 持続化給付金 仕訳 弥生 46, ミスシャーロック 百合 小説 7, 五等分の花嫁 118 感想 8, あれ が来る 映画 12, 松岡昌宏 住所 目黒 区 10, クラシックギター 楽譜 無料 30, Planner 割り当て 複数 23, 1996年生まれ 中学 流行った 歌 11, シンブル 使い方 ワイヤー 6, サーバー アイコン パワポ 26, 高嶺のハナさん ネタバレ 52 22, マイクラ スキン シャニマス 6, 五等分の花嫁 118 感想 8, ホンダ ランサムウェア Nhk 4, 胴 くくり罠 作り方 39, Als サッカー 社長 7, 二重生活 ロケ地 カフェ 4, 仮面ライダー ジオウ 15話 5, カリンバ 楽譜 おすすめ 9,

Check him out he’s bound to be on the Instagram. 「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンの映画になりますので、大ヒットの期待がかかりますが、, 現時点では、若干、注目度が低い状況です。 指輪物語シリーズのスタッフが贈るこの映画はハリーポッターシリーズや指輪物語シリーズを観たときと同じ興奮がありました。公開されたら字幕でまた観たいし個人的に好きな洋画5本に入るレベルの作品でした。 役を演じるのが、 ヘラ・ヒルマー 。 (尚、監督はピーター・ジャクソンの元で仕事をしてきたクリスチャン・リバース。「キング・コング」でのアカデミー視覚効果賞を獲得しています) 【ネタバレ注意】冒頭10分は歴史に残る面白さ。映画『移動都市モータル・エンジン』レビュー, Androidスマホのホーム画面と使い勝手を一新! 『移動都市モータルエンジン』にミニオン登場!?何役でどこで出てきたのかまとめ, ヘスターたちはこの進撃を察知し、先駆けて攻撃をしかけますがメドゥーサの襲撃を受けてシャングオは一瞬で火の海へと化しました。, 街が炎に包まれる中、ヘスターは母の形見である瞳の形をしたペンダントの中にメドゥーサを破壊できる唯一の装置「クラッシュ・ドライブ」を発見。, アナがヴァレンタインと戦闘し、足止めをしている間にヘスターはメドゥーサにクラッシュ・ドライブを接続、楯の壁を破壊する間一髪のところでメドゥーサ破壊に成功します。, アナはヴァレンタインとの戦いで殺されますが、逃げようとして飛行船へ乗り込んだヴァレンタインをヘスターが迎え撃ち、トムの力を借りて撃墜。, 飛行船が墜落後生きていたヴァレンタインでしたが、自らが作り上げようとしていた移動都市「ロンドン」に轢き殺されて死亡します。, 残されたロンドン市民は、征服しようとしていたシャングオの人々に暖かく迎え入れられ、感謝するのでした。, 『スポンサーリンク』 とにかく大型スクリーンで、迫力ある映像を楽しみたい方には、かなり面白い満足できる映画になっているようですね。, グリーンブックは面白い?つまらない?評価や評判は?原作やキャストも吹き替えはについても, 「グリーンブックは面白い?つまらない?評価や評判は?原作やキャストも吹き替えはについても」, 当ブログは、映画、ドラマ、テレビ番組、芸能ニュース、話題の人、CMについての記事をご紹介しています。. サディアス・ヴァレンタイン:演 ヒューゴ・ウィーヴィング(大塚芳忠) 初代iPhone SEからiPhone 12 miniに変えたらいいことづくめでした! ここでは、移動都市(モータルエンジン)の原作について、, 2003年には第2作『掠奪都市の黄金』 2005年には、第3作『氷上都市の秘宝』、2006年には、第4作『廃墟都市の復活』が刊行されています。 60分戦争から数百年後、人類は移動都市で生活し、小さな都市は資源や人員が吸収されます。ヘスターは巨大移動都市ロンドンの指導者サディアスへの復讐に失敗し、因縁の人造人間にも襲われるが...。母の死の真相とは?盾の壁を守れる?(ネタバレあらすじ↓), この先はネタバレありのあらすじです。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。, 2118年頃の「60年戦争」で量子エネルギー兵器「メドューサ」により文明社会は終わり、人類は「移動都市モータルエンジン」で暮らしています。巨大移動都市ロンドンは、小さな鉱山移動都市を捕食して、資源や労働力を確保し上層は更に豊かになります。, 喰われた都市から入った、赤いマスクの女性ヘスター・ショウ(ヘラ・ヒルマー)は、移動都市ロンドンの指導者サディアス・ヴァレンタイン(ヒューゴ・ウィーヴィング)を襲うが、トム・ナッツワーシー(ロバート・シーハン)に阻止され逃走します。, ヘスターはトムに追われるが排出口に飛び降ります。ヘスターの「母パンドラのかたき」を聞いたトムも、サディアスに落とされます。トムとヘスターは小移動都市に救われます。ヘスターは考古学者の母パンドラとサディアスは共同研究者だったと話します。, しかし古代技術(オールドテク)を掘り当てたパンドラは、サディアスに奪われ殺害され、ヘスターも顔に大傷を負わせられるが逃走しました。トムとヘスターは奴隷市場に売られるが、パンドラの旧友のアナ・ファン(ジヘ)が逃亡を助けます。, サディアスが仕向けた人造人間シュライク(スティーヴン・ラング)も現れるが、空賊アナの飛行船で逃げ切ります。ヘスターはシュライクに育てられ人造人間になる約束をしたそうです。一行は反移動都市同盟の飛行都市エアヘブンに到着します。, サディアスが奪ったのは量子兵器メデューサだと判明します。シュライクが再び来襲するが、思い出やトムへのヘスターの愛情を感じ、致命傷を受けたシュライクはパンドラのペンダントを返して停止します。USAと刻印されたクラッシュドライブ入りです。, 移動都市ロンドンのサディアスはメデューサで、反移動都市同盟の盾の壁に守られた街シャングオを攻撃します。同盟の飛行船の犠牲のもと、アナは飛行船でヘスターをロンドンに送り込み、サディアスと戦います。ヘスターは大聖堂でメデューサを止めようとするが…, この先はネタバレありの感想考察です。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。, 原作はイギリスの小説家フィリップ・リーヴが、2001年に出版した小説『移動都市』です。ロードオブザリングとホビットのシリーズ(一覧)の監督ピーター・ジャクソンは、この小説を映画化するため自分はプロデューサーと脚本を担当しました。, クリスチャン・リバースが監督し、彼の長編映画デビュー作となります。キャストは、主人公の男女がロバート・シーハン、ヘラ・ヒルマーですが知名度低いですね。スティーヴン・ラング、ヒューゴ・ウィーヴィングは生かしきれていません。ジヘは強い!, 最大のみどころは冒頭での、巨大移動都市ロンドンによる小都市の捕食シーンです。ほぼ怪獣映画です(笑)。このシーンを見るだけでも劇場へ行く価値はありますが、個人的にはここが映像面ではピークでした。, ストーカーと呼ばれる人造人間シュライクとの戦闘や、ラストのロンドンと盾の壁や飛行船との攻防も楽しいけど、どこかで見たような展開が続きほぼ予想どおりなので、映像の迫力以上にはわくわくできません。, 古代の量子エネルギー兵器メデューサの一撃は、スターウォーズシリーズのデススター並みを期待したのに、盾の壁に穴を空ける程度で『最後のジェダイ』ラストのキャノン砲の弱さとおなじくらいがっかりでした。, メデューサは文明社会を破壊した兵器なので、スタジオジブリ関連の『風の谷のナウシカ』の巨神兵を連想できるし、移動都市は『ハウルの動く城』、空中都市エアヘブンは『天空の城ラピュタ』も連想させます。原作者はジブリ好きかもしれません。, あと見どころというか『ミニオンズ』が登場します。古代の神々という設定です。現在わたし達がうやまってる神々の中にも、昔のフィクションキャラが混じってるかもしれませんよ。, メインキャラクターは母パンドラを殺害された赤マスクのヘスターと、その復讐相手である巨大都市ロンドンの指導者ヴァレンタインです。本作はこの2人に焦点をしぼるべきなのに、あまり関係のないキャラ達のシーンに移ったりして本筋が薄くなってます。, ヘスターは孤独な復讐者のはずだったのですが取ってつけたように、育ての親が襲ってきたり、反移動都市同盟が協力してきたりします。反移動都市同盟は母パンドラとつながりがあり、その娘ヘスターを探してたそうだけど何年かかってるのでしょうか。, 育ての親であり最後のストーカー(人造人間)でもあるシュライクと、ヘスターのエピソードにはほっこりしますが、それほど強くない上に、最後は「愛」ゆえに?停止してしまうので物足りなさだけが残り、不要のキャラクターだと感じます。, ヘスターを人造人間にするのをあきらめた後、ヘスターの悩みの種であるヴァレンタインを倒しに行く展開になったならもう少し納得できたのですが。ヴァレンタインの言いなりになるのなら、育ての親でなく殺し屋の設定の方が良かったと思います。, シュライク以上に全く不要なのは、サディアスの娘キャサリンと、サディアスの悪事を見たベヴィス・ポッドです。ヘスターと行動を共にしたトムもキャラが薄く不要キャラですが、ヘスターやアナ・ファンを引き立たせる足手まといとしては好演してます。. シュライク:演 スティーヴン・ラング(大塚明夫) モータルエンジンの公開年に近い作品だと「ジオストーム」への出演が有名。 そんなロバートが演じたトムは、移動都市ロンドンで生まれ育った外の世界を知らない歴史家見習いの青年。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ 移動都市(モータルエンジン)のキャストは? 移動都市(モータルエンジン)のキャストはどうなっているでしょう。 主演は2人ですが、どちらも日本では馴染みのない役者さんといえるでしょうか。 ヘスター・ショウ. 車輪の上に作られた都市と戦争の話、というとジブリの『ハウルの動く城』を彷彿させますが、『移動都市/モータル・エンジン』はもう少し、いやかなりスケールが大きな話なんです。, 『モータル・エンジン』は、たった60分で文明を破壊した「60分戦争」後の荒廃した世界が舞台。生き残った人たちは、巨大な車輪の上に都市を作り、小さな都市を捕食しながら資源補給しながら生活しています。しかし小さな都市を取り込むことでのエネルギー資源に限りが見えてきたため、最も大きく権力を持つ移動都市「ロンドン」は、地に足ついた生活を求める人たちの静止都市「シャングオ」の攻撃を目論みます。「ロンドン」の暴挙を止めるべく立ち上がるのは、個人的な事情から「ロンドン」の指導者サディアス・ヴァレンタインへの復讐に燃えるヘスター・ショウとアナ・ファン率いる反移動都市同盟軍。時速160キロで大地を駆け抜ける地上の絶対王者「ロンドン」を止めることはできるのか──、というのが大まかなプロットです。, 製作はホラー復帰が望まれるピーター・ジャクソン(『ブレインデッド』『ロード・オブ・ザ・リング』『キングコング』)、監督は17歳で映画界入りし、ずっとピーター・ジャクソン映画に携わってきたクリスチャン・リヴァーズ。, というわけで、今春最も注目される映画の1本『移動都市/モータル・エンジン』をレビューしたいと思います。あ、少しだけ内容に触れているのでネタバレ注意です。, 映画は最初の10分で決まると言っても過言ではないでしょう。その10分で、世界観と出来事、キャラクター設定など、観客に知っておいてほしい前知識をすべて集約説明した上で、引き込まないといけないのですから。, 『モータル・エンジン』の冒頭10分は、巨大な移動都市「ロンドン」が小さな都市を丸呑みしようと襲い掛かるところから始まります。荒野の絶対王者たる風格の移動都市「ロンドン」から必死に逃れようとする小都市のシーンを大画面で迫力ある映像に見せるために、ロングショットやクローズアップといったショットに合わせて、CGで作った移動都市を走らせるスピードを変える必要があったそうです。, 都市の移動スピードの限界点を超える速さを出すこともあり、VFXチームが計算してホコリや揺れを加えると画面が砂埃で真っ白になってしまうこともあったそうです。私は小さな試写室で本作を鑑賞しましたが、この冒頭10分を4DXで見たくてたまりませんでした。もしかしたら椅子の振動でお尻が浮いてしまうかも…?, シューシューと吹き出す蒸気と煙、ガシャンガシャンと音を立てて動く建物はスチームパンク好きを身悶えさせるほど格好いい描写のオンパレード。そこからのタイトルカットは、震えるほど格好良く、これから始まるスペクタクルを約束してくれていました。それにしても、こんなレジェンド級のオープニングを長編監督初挑戦で作れるものなのでしょうか…?, クリスチャン・リヴァーズは、17歳の時にピーター・ジャクソンに宛ててドラゴンのイラストを同封した手紙を送りました。その絵と仕事に意欲的な姿勢を気に入ったピーター・ジャクソンが、自身の初長編映画『バッド・テイスト』(87年)でリーヴァズをストーリーボードアーティストとして雇用。以来、『ブレイン・デッド』(92年)をはじめ、ジャクソンの全ての作品で右腕として活躍、共にキャリアを伸ばしてきたのです。, 長編監督デビュー作となった本作は、リヴァーズの家族とも言えるジャクソンチームが周りを固めています。製作/脚本はピーター・ジャクソンですし、名を連ねるのはジャクソンチームのメンバーばかり。VFXはジャクソンチームのホームグラウンドであるニュージーランドのWETAが担当。リバース監督はWETAに在籍していたこともあるので、勝手知ったる仲なのです。Art of VFXが行なったWETAのインタビューでは、監督とWETAのチームはツーカーなので、監督はVFX以外のことに重きを置いて行動することができていたと話しています。, ビジュアルは圧巻、作り手のチームワークも完璧。でも、残念ながら観客は少し肩透かしを食らうかもしれません。というのも、本作はイギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説『移動都市』4部作の第1巻をベースに2時間9分の映像にしているんですね。まぁ、長編小説の映画化にありがちなことではあるのですが、どうしても説明不足で深みのなさが目立ってしまうんです。, 脚本を担当したのはピーター・ジャクソンと、ジャクソンの内縁の妻であるフラン・ウォルシュ、そして『LOTR』からジャクソン作品に欠かさず参加しているフィリッパ・ボウエンの3人。『指輪物語』を3部作構成の『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ(と『ホビット』)にして大成功を収めた人たちですし、彼らにとって長編作品をまとめて映画の脚本に落とし込むのはお手の物だと思うのですが、今回はそれがうまく行っていないのです。, 原作に見所がありすぎる上に、脚本家が原作に心底惚れ込んでいる証し(船頭多くして船山に上るとも言えるかも…)ともとれるのですが、なんていうかとっちらかっている印象を受けます(『キングコング:髑髏島の巨神』並みに色々ある)。, とくに主人公ヘスター・ショウを取り巻く「あんなこと」「こんなこと」、「彼女の人格形成を担う重要な人物」の掘り下げ方がびっくりするほど浅い。重要な人物のシーケンスなんて、思い切ってバッサリ切ってしまえばよかったのにと思ったほど。, それと、肩透かしを食らう大きな要素のひとつに、製作者と原作を知らない観客の間に大きな期待の溝があります。私を含め、おそらく多くの人が、『モータル・エンジン』を移動都市の弱肉強食バトルだと思ったでしょう。しかし、雑誌『映画秘宝』4月号のインタビューでもハッキリと言っていますが、ジャクソンは主人公ヘスター・ショウに焦点を当てたかったのであって、移動都市自体は付加価値程度にしか捉えていなかったのです。実際オープニングシーケンスが終わると「ロンドン」は主人公らを放り投げて走り去ってしまうのですから。, しかし悲観することはありません。移動都市「ロンドン」がヘスター・ショウと観客を置きざりにしても、途中からストーリーを爆盛りしてくれる救世主がやってきます。それが、反移動都市同盟の中心人物で首に賞金がかかっているアナ・ファン役の韓国人女優・シンガーのジヘ。, 窮地に追い込まれた主人公ふたりを助けてから行動を共にするようになるのですが、登場した瞬間から空気が変わるほどの存在感を発揮し、目が離せなくなってしまうのです。赤いコートに細身パンツ、ロカビリーヘアーがとにかく格好いい! しかも、やることなすことキザで、嫌味なほどキマってる。まるで少女漫画に出てくるイケメンヒーローみたいに完璧なんです。, そんなアナ・ファンの愛機は、奴隷時代に自作したという真っ赤な「ジェニー・ハニヴァー号」。飛行船にヘリコプターをつけたようなデザインをした乗り物で、アナの住居でもあります。このジェニー・ハニヴァーの撮影は、飛行船の動きを出すために特殊効果スタッフが糸をつけて引っ張って動かしたのだそうです。, ジェニー・ハニヴァーが動くシーンを貼っておきます。ネタバレが嫌いな人は飛ばしてください(ああ、アナ・ファン格好いい‼️), そして、アナログ手法と対照的に最新テクを使って作られたのが、空中都市の「エアヘイヴン」。この巨大なセットは、狭い通路や橋、ロープといった細かいもので構成されている上に、至るところに提灯や照明がついた複雑な形状をしています。, そのため、デザインにはホロレンズ・ホログラフィックと呼ばれる最先端のMRプログラムが使われているのだとか。アーティストたちはヘッドセットをつけるだけでフルスケールのデザインやセットを体験できます。実際にセットをみることができるので、最終デザインが決定する前に微調整したり変更したりすることができたのだそうです。, レビュー記事を書くたびに毎回同じことを言っているような気がしますが、私は本作の劇場鑑賞を力一杯オススメします。小難しいことを考えることなくポップコーンをほうばりながら鑑賞できる映画が好きだから、というのもありますが、やはりあのレジェンダリーな冒頭10分の興奮を是非体験してもらいたいからです。, 「ロンドン」を降りた後、地面に残された巨大な轍や空中都市での擦った揉んだ、固定都市征服を目論んで攻撃をしかける「ロンドン」との戦いーー、どれをとってもビジュアルは抜群です。スチームパンクジャンルはもちろん、『グレート・ウォール』や『トランスフォーマー』のような、馬鹿馬鹿しいけれどなんとなく勢いだけはあって全体的に格好いい映画が好きな人なら十分楽しめると思いますよ。オープニングシーケンスをとことん楽しみたいなら、是非劇場でご覧ください。.

競馬 ターゲット エクセル 7, たくっ ち マイクラ 銃 12, ナルト ボルト 夢小説 4, バチェラー もりもり 嫌い 11, コージーコーナー エクレア 糖質 4, テレワーク 手当 課税 6, Android リモートデスクトップ キーボード 19, ダイヤモンドプリンセス コロナ ブログ 9, 弓道 離れ 脱力 9, 終末 渾身 奥義 5, Grand Blue Raw 60 10, Vtuber 嫌い なんj 34, ロコン 色違い 確率 4, 持続化給付金 仕訳 弥生 46, ミスシャーロック 百合 小説 7, 五等分の花嫁 118 感想 8, あれ が来る 映画 12, 松岡昌宏 住所 目黒 区 10, クラシックギター 楽譜 無料 30, Planner 割り当て 複数 23, 1996年生まれ 中学 流行った 歌 11, シンブル 使い方 ワイヤー 6, サーバー アイコン パワポ 26, 高嶺のハナさん ネタバレ 52 22, マイクラ スキン シャニマス 6, 五等分の花嫁 118 感想 8, ホンダ ランサムウェア Nhk 4, 胴 くくり罠 作り方 39, Als サッカー 社長 7, 二重生活 ロケ地 カフェ 4, 仮面ライダー ジオウ 15話 5, カリンバ 楽譜 おすすめ 9,

相关推荐

评论 抢沙发

评论前必须登录!